左京先生の大学入試に向けて三者面談室

現役私立中高一貫校教員 大学入試に向けてのアドバイスを広めたい

前期試験2週間前 自主勉強の質を高めよう

 

f:id:gensakyou:20190212132625j:plain

国公立前期試験に向けて勉強を進めるために,

本当に時間が足りないことでしょう。

でも,時間が足りないからこそ,最も有効な勉強時間にしたいですね。

 

 

www.blogsakyou.com

 

同じ問題が出たら絶対に間違えない

過去問にしても,問題集にしても,模試の解き直しにしても

ただ,解けるようになるだけではなく

それらすべてを予想問題と考えて

同じ問題なら間違えないところまで勉強しましょう。

「あっ,この問題見たことあるけどわからない」

が一番もったいない。

出るかもしれない問題に,徹底して出会う

ここが,一番のセンスかもしれません。

もし,自分にこのセンスがないと思ったら,

センスがある人に乗っかるのがいいでしょう。

それは,模試を作っている人たちです。

模試をつくりながら,

「こんな類題も出されたら嫌だなあ」

と思ったところは,しっかりと

解説に載せています。

解説までしっかり目を通して,解き直しもしましょう

 

www.blogsakyou.com

 

本当に納得しているのかを自問する

わかった気になっていないか

友だちがいれば,一緒に勉強しながら教え合うことで

『わかったつもり』から脱出できるのですが,

そんな時期でもありません。

自分自身に,解説をするつもりで語句を丁寧に解釈しましょう。

これは,全教科に当てはまります。

質問に行くために,勉強する

上位の学校になるほど,この学習法が重要になってきます。

先生は,その科目もスペシャリストです。

自分が自信が無いとことを,どんどん質問したり

自分の解答を添削してもらって下さい

自分では気がつかない角度からの新しい知識がもらえるはずです。

 

sByClassName("entry-content")[0].appendChild(temp); // ]]>

授業を聞くことも大切

まだ,学校や塾が授業をしていたら,必ず受講しましょう。

先生たちは「この時期に教える内容」というネタを持っています

今までの授業では扱わなかったとっておきのポイント(間違えやすい内容など)

を持っています。

自主勉強とのバランスをしっかりととりましょう。