左京先生の大学入試に向けて三者面談室

現役私立中高一貫校教員 大学入試に向けてアドバイスを広めたい

補欠合格は合格のつもりで待て

難関私大は受験者減 そうはいっても次の準備が必要 全て終わった頃に繰り上げ合格の連絡が来る 入学したら,合格も補欠合格も同じです 第一志望校であったことを忘れない まだまだ,第二志望校の受験はこれから 難関私大は受験者減 今年度は,難関私大(難関…

初めから許しておくか,貫き通すか。。。

夏の三者面談で 「私大は許さない」 と親子でけんかするシーンを見かけます (とくに指定校推薦に関して) 一番の理由は 生徒が一生懸命勉強していない事への 保護者の方の叱責なのですが www.blogsakyou.com 結局方向性を見失って 生徒は勉強に火がつかず …

前期試験を前にして,少し視野(頭の中)を広げてみては

いよいよ追い込み どんどん,赤本や参考書,問題集など 机の上のスペースだけに集中していると思います もちろんそれで正解なのですが ここで少し,外の世界に視野というか 頭の中を広げてみましょう もし,今年の入試で 時事的なテーマを扱うとしたらどんな…

入試は提出締切の課題のようなもの

国公立大学前期入試まで あと10日と迫りました 焦るひとも多いと思いますが 焦って当然と考えても良いでしょう 前期入試25日は 課題や原稿などの提出締切と同じようなものです www.blogsakyou.com まだ完成していなかったら あせり慌てて取り組むものです …

国立大学の倍率は低め

予想最終倍率!? 国公立への出願が少ない 公立大は多くなっている 低倍率=安心ではない 予想最終倍率!? 国立の最終締切を受けて 予備校では 最終倍率だけではなく 欠席や,推薦などの合格を見込んだ 予想最終倍率を発表していたりもします 正直,結局予…

私大の結果は難化?いや例年通りか

これから入試が始まる私大もありますが 発表のあった大学もあります まだ情報は一部ですから 全体像ではありませんが 私の印象としては この層が落ちるならやはり難化しているのか? いやでも,これまでもこの層でも 不合格になることはあったぞ という感覚…

国公立大の推薦入試合格発表始まる

前期試験,後期試験といった 国公立大学の出願は締切られ, 各大学の実質倍率も発表されています 実は,今週からこの倍率が少し変動します すでに2月に入って発表が始まっているところもありますが 多くの大学が2月12日,13日に センター利用の推薦入…

受験疲れに甘えないように

センター試験は遙か過去のこと 国公立出願に 私大受験の連続 そしてこれから国立前期 特に私大入試が連続している人は 疲れが出てきて のんびりリフレッシュしたい という人もいるかもしれません www.blogsakyou.com 受験の上で体力はとても大切ですが この…

私大の出願まだまだ受付中 粘るべし

私立大学は 『中期』や『B日程』という形で 2月中にも出願を受け付ける一般入試があります 不本意ながら不合格を受け取っていたとしても 心が折れるのはまだ早いです 定員は少なくなりますが 大学側は,一人でも優秀で自分たちの学校に相応しい学生を求めて…

私大が志望校ならば粘り強く

私立大学で1月入試だった大学は 早いところは今週あたりから合否発表が出ているでしょう 安全志向から,中堅大学の人気が上がっています ただし,受験生の分母は国公立からながれているとはいえ 爆発的に増えているわけではないので 偏差値上位の人が受けに…