左京先生の大学入試に向けて三者面談室

現役私立中高一貫校教員 大学入試に向けてのアドバイスを広めたい

歴史を暗記科目にしないために

f:id:gensakyou:20190629072414j:plain

 

歴史を暗記科目としない

「理科社会は暗記科目」

という話をよく耳にします

実際、そう感じている人も多いのではないでしょうか

 

六波羅探題

壬申の乱

 

赤眉の乱

マルクス=アウレリウス=アントニヌス

 

単語として知識を増やさないといけないことは

多いと思います

しかし、新しい単語を知ること=暗記

なのでしょうか?

 

 

www.blogsakyou.com

 

単語には意味がある

先ほどの

壬申の乱以外にも

甲子園球場

辛亥革命

など

干支が元になっている名称が

身の回りには出てきます

 

元号も令和になりましたが

慶安の触書

天保の改革

なども元号です

 

令和に盛り上がると同時に

この様な名称にも「覚える」だけではなく

意味があってついていることを愉しむゆとりをもちたいです。

その時代を生活している人がいるのですから

 

赤眉の乱

乱を起こした人たちが眉を赤く染めたのですが

似たものに黄巾の乱もあります

そのときの様子を絵としてイメージしても良いでしょう

もっと深めると

なぜその色を使ったのかもわかると

その理由の哲学も楽しめます

 

 

世界史の人名は国によって変わる

マルクス=アウレリウス=アントニヌスは

中国では安敦です

 

ヨーロッパの中でも

ジョン(英)が

ジャン(仏)になったり

 

オレンジ公(英)が

オレニエ公(蘭)

 

チャールズ(英)が

シャルル(仏)

カルロス(スペイン)

と読み方がか変わるのもおさえていくと

楽しくなってきます

 

変ですか?

マオツォトン(中)

もうたくとう(日)

と同じです

 

 

そして、時代の流れを読み解いていく

乱が起きたり

王朝が変わるときには

必ず原因があったはずです

そのひずみを理解していくことが

歴史の勉強です

歴史上そのような間違いがなければ

もっとその体制は続いたんじゃないのかなあ

などと思い起こしながら

時間をかけて、歴史を勉強する時間をすすめてみましょう

 

 

 

他の方の受験情報もたくさん得られます

こちらからのINにご協力ください

 

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村