左京先生の大学入試に向けて三者面談室

現役私立中高一貫校教員 大学入試に向けてのアドバイスを広めたい

数学は時間を決めて取り組む

f:id:gensakyou:20190212132254j:plain

 

自分で考える力をつける

数学は、自分で思考する力を育てれることが大切です

ですから、すぐに思いつかなかったからといって

答えを見てしまっては成長がありません

でも、いつまで考えても

なにも閃かないことだってあります

では、いつまで考えるのが良いのでしょう

 

 

www.blogsakyou.com

 

あらかじめ時間を決めておく

まず、問題を特にあたって

「この問題には○○分までつかおう」

と決めておきます

問題のタイプにも寄りますが

長くても20分だと思います

そうすれば、

今日は数学を1時間するぞ!

と決めたときに、少なくとも3題以上は取り組めます。

 

 

www.blogsakyou.com

 

行き詰まったら戻ればよい

数学の場合、

「これだ」っと思って解いていったけど

たとりつけづに止まってった

別の方法かも?と考えるときがあります

 

これが重要です

 

決めた時間内なら、思いつく別の方法で

解いていくのです

 

たとえば、2つの大小関係を求めようと思ったら

引き算して求める

相加相乗平均で求める

グラフを書いて求める

などいろいろ方法があるわけですから

とりあえずやってみたけど違った

なんてことはよくあります

この引き出しを鍛えておきたいです

でもやはりポイントは「時間内」であることです

 

 

時間になったら潔く終わる

時間になったら、終了です

いいところまで進んでいても

終わりましょう

その悔しさは、後日再挑戦してください

数学の問題演習は一期一会ではありません

繰り返すことが重要です

ですから、その一回にこだわりすきないようにして

次の問題に進むことが重要です

 

 

他の方の受験情報もたくさん得られます

こちらからのINにご協力ください

 

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村