左京先生の大学入試に向けて三者面談室

現役私立中高一貫校教員 大学入試に向けてのアドバイスを広めたい

土曜日 三者懇談1日目

この日記のタイトル通りの三者懇談がはじまりました。

一番気を張る懇談でもあります。

いい加減なことは言えませんので。

誠意を持ってデータを提供し,熱意を持って励まします。

 

でも,昨日の日記のとおり

進路指導で初めてD判定で第一志望に出願しようとする生徒を止めました。

本来なら二次で勝負しようと,応援するのですが,

今年のセンターは荒れるのがみえています。

 

そして,驚いたことが

平均点が高いことは知っていても,周りの動向にはあまりアンテナを張っていない

受験生と保護者がほとんどだと言うことでした。

 

そして,出回っている判定システムの評価も

あくまで月曜日のウキウキ状態で提出されたデータですので,

このあと,

 

判定を見る。

D判定に驚く。

でも点数があるからBやAになる大学を自分で探す。(これが今年の新傾向)

その大学に出願先を変更する。

結果,玉突きで変更先の大学を受験予定の生徒は苦戦をしいられる。

(D判定では厳しい)

 

 

是非とも度数分布を確認して下さい。

ボーダー下に志望者のピークがある場合は,

その下の大学に下げてくる可能性が大きいです。

ですから,都市圏の中位校に出願を予定している人は,

地域の上位校の度数分布をしっかりと分析して下さい。

 

www.blogsakyou.com

 

 

www.blogsakyou.com