左京先生の大学入試に向けて三者面談室

現役私立中高一貫校教員 大学入試に向けてのアドバイスを広めたい

金曜日 判定会議

今日は出願予定の生徒について

一人一人、出願先の検討を缶詰で行いました。

明日からの土日に行う三者面談のために、

資料を揃えてただいま帰りました。

 

因みに残業代や休日出勤の手当はありません。

学校ってブラック企業です。

 

さて、今年の分析ですが

「慎重に成らざるを得ない」

という結論です。

 

大京大などの上位校でしたら、D判定でも勝負でしょうが、

自己採点日に提出された志望校が皆さん強気だったため、

思ったより判定が悪かったD層が志望校を落としてくるでしょう。

なぜならAB層がしっかりと点を取っているためです。

 

そのD層が志望を下げると、その大学のBC層にドンと降ってくる

玉突きが発生します。

 

しかも点数がでているので、地元で何とかしようとするため、

都市圏への出願でD判定の人は、丁寧に分析し

チャレンジよりも安全圏へと変更をやむを得ずと見ました

 

www.blogsakyou.com

www.blogsakyou.com

 

これを明日から説明するのがしんどいです。

本人は点がでているのに、厳しいことを伝えないといけないとは。

 

でも最後に決めるのは、本人です。

あくまで、経験とデータによる分析ですので、

勝負を仕掛けるのも大学受験では必要な姿でもあります。

 

冷静に分析し、一番自分が納得した出願校に

全力を尽くしていこう。

 

キミの最高記録を

キミは、まだ知らない

 

K塾のキャッチコピーでしたが気に入りました。

素敵なメッセージであり、本当にそうです。

今から1ヶ月!勝負です。