左京先生の大学入試に向けて三者面談室

現役私立中高一貫校教員 大学入試に向けてのアドバイスを広めたい

面接練習教室 その1 緊張を減らす大事な1つのポイント

f:id:gensakyou:20190510224124j:plain

 

面接は緊張するもの

面接で緊張しないようにするには

とこだわりすぎるほど練習する人もいれば

全く緊張しないから平気

という人も会います

 

私は、どちらも本来の力を発揮できているとはいえないと感じます

 

面接は緊張するものです

 

緊張する前提で練習をしておくものだと思うし

全く緊張しないのは

それだけその人にとっての重要度が低いだけだと思います

 

かといって緊張しすぎるのはまずい

緊張しすぎて

話すごとがちぐはぐだったり

顔の表情がこわばってしまってはいけません

 

私が行う面接の指導ポイントを何回かに分けて

お伝えさせていただきますが

今回は

たった一つの緊張を減らすポイントです

 

www.blogsakyou.com

 

緊張している生徒は下を向いていることが多い

「失礼します」

とドアを開けると

ずっとドアノブを見ている生徒が多いです

スライド式だと

ずっとしめることに集中していたります

いすまで歩くときも

いすまでの道のりを目で追っています

そして、いすの横で

面接官の姿を見て緊張はピークです

 

www.blogsakyou.com

 

扉を開けて一番初めにすること

「失礼します」

このあとに扉を開けてすることは

 

まず、面接官を見ることです

 

『3人いるな』

『女性は一人だな』

『真ん中の人はえらい人かな』

いろんなことが頭をよぎるかもしれませんが

この一瞬の時間だけで

緊張がやる気に変化してきます

 

面接官も

最初にあなたの顔を見ることで

そのやる気に満ちた表情が伝わることでしょう

 

 

もし、ずっと下を見ていたら

面接官は入ってくるところから

あなたのことを見ているわけですから

ずっと、自信のない下を向いた姿を見ているわけです

当然、第一印象に響くことでしょう

 

 

できることなら笑顔もセットで

私いつも、面接では

扉を開けた瞬間に合格する人がいる

残りの人の面接での質問は敗者復活戦

だといっています

笑顔で、元気な声で立ち振る舞ってください

 

 

 ランキングに参加しています。

最近伸び悩んでいるので
押していただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村