左京先生の大学入試に向けて三者面談室

現役私立中高一貫校教員 大学入試に向けてのアドバイスを広めたい

駿台、進研、全統 模試の関係は?

f:id:gensakyou:20190711133233j:plain

 

ドッキング判定を理解しよう

高3になると

マーク模試と記述模試の

2種類の模試を交互に受けているとおもいます

この、マーク模試と記述模試の結果で

国公立大学のドッキング判定が出ています。

 

第1回マーク+第1回記述

第1回記述+第2回マーク

第2回マーク+第2回記述・・・・

と交互に最新のものとドッキングさせて算出されています

 

特に3年生の2学期からは

出題範囲が全範囲になり

より実践的になってきます

 

2学期から、駿台進研模試が1つになり

2学期からは駿台ベネッセ模試が3回あります

第1回マーク、第2回記述、第3回マークです

駿台全国模試はそのまま存続します

 

www.blogsakyou.com

 

○○大実戦、○○大オープンとの位置づけ

東大や京大、阪大、北大などの旧帝大を中心とした

大学の二次試験に特化した模試を受験する人も多いでしょう

実戦模試は駿台の模試ですから、

駿台・ベネッセマーク模試とのドッキング判定になります

一方で

オープン模試(東大・京大は即応オープン模試)は

河合塾の模試ですから

全統マーク模試とのドッキング判定になります

 

www.blogsakyou.com

 

全統の模試のほうが、偏差値が低く出ます

模試が違えば受験層が異なりますので

平均点がかわります

進研模試駿台ベネッセ)は

幅広い学校が受験するため

下位の点数も多く、平均点が低くなります

そのため、国公立ボーダーラインの偏差値は高くなります

 

逆に、全統模試は下位層は受験が少ないため

平均点は高め

そのため同じ学力でも全統模試では偏差値が低くなります

くれぐれも、進研模試全統模試を比較して

偏差値が上がった、下がったの話題をしないように気をつけましょう

 

 

どの模試も、受験後が重要

模試は現状を知ることが目的であり

模試を受けただけではそれほど学力は高まりません

模試後の「手引き」を使った学習がとても大切です

出題された問題だけではなく

それを取り巻く情報が満載されております

出題者は、出したい問題はたくさんあるのですが

そのなかから何がいいとうかと考えて

模試に出すのですから

もっと、「こういう問題にも気をつけて!」

という情報を伝えたいのです

それが「手引き」です

必ず活用していきましょう

 

 ランキングに参加しています。

最近伸び悩んでいるので
押していただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村